リテールマーケティング(販売士)の通信講座を調査!【2020年合格目標】

リテールマーケティング(販売士)の通信講座が少ない!?

リテールマーケティング(販売士)検定は、あの「日商簿記」などを主催・運営する「日本商工会議所」の公的資格です。

経済産業省・中小企業庁の後援を受けた社会的位置づけも高い資格です。

小売業などの販売業の「接客~企画~マーケティング~経営」までを一気通貫で学習できるとあって、数々の大手企業で推奨資格とされています。

そのため、1~3級合わせて年間2~3万人が受験しています。

 

販売士の難易度・取得後の仕事情報などはコチラの記事にまとめていますのでご参照ください。

 

そんな人気資格の「販売士検定」ですが、実は通信講座が非常に少なくほとんどの受験者が独学で学習しています。

 

合格率は2・3級で60%以上となっており難易度は低いものの、中には「独学は苦手!」という方もいらっしゃると思います。

また取得を推奨する企業の人事担当者なども、「社員に独学で任せるのは不安!」ということもありますよね。

今回、数少ないリテールマーケティング(販売士)の通信講座を特集してみました。

 

 

リテールマーケティング(販売士)の通信講座一覧

実は当記事執筆時点で、販売士通信講座を展開しているのは2社しかありません。

少し前までは他のスクールでも販売士講座の取り扱いがありましたが、残念ながら現在はこの2社だけのようです。
※本試験の科目免除を目的とした公式の講座はあります。

  • LEC東京リーガルマインド…2017年に終了
  • 資格スクエア…2017年に終了

 

今回は、現在も展開している2社比較をまとめました。

学校名初学者向け講座費用(税込)付属内容講義時間各社HP備考
スタディング2・3級3級:5,478円
2級:19,580円
2・3級:21,780円
講義動画(Web)
テキスト(Web)
問題集(Web)
模擬試験(Web)
3級:14時間
2級:14時間
スタディングの販売士講座申込み・資料請求はコチラ!
オンスク.jp3級月額1,078~1,628円講義動画(Web)
問題集(Web)
8時間オンスク.jpの販売士講座申込み・資料請求はコチラ!収録・作成が2015年7月

注目すべきは、

オンスク.jpの収録・作成が2015年7月

 

という点です。

資格の学習は法改正や制度改正のキャッチアップが非常に重要になるため、5年も古いというのはかなり痛いところです。

とはいえ、オンスク.jpの安さは魅力です。
そのため、「基本的には市販のテキストで学習して、重要なところだけ講義を受講する」というスタイルの方にはおススメです。

オンスク.jpの販売士講座申込み・資料請求はコチラ!

 

一方で、スタディングは2020年版に続き、2021年版への継続も謳っていることからしっかりとアップデートされていることが伺えます。
スタディングの講座について少し掘り下げてみてましょう。

スタディングの販売士講座

スタディングの特徴

2010年に法人化されて以降、順次新規講座を開設してきたKIYOラーニング株式会社の「スタディング」。
「忙しい人がスキマ時間で合格」をモットーにしたカリキュラムが組まれています。

<スタディングの強み>
① 新興企業ならではのリーズナブルな価格設定
② 無駄を最大限省いた「最短距離」での合格を目指す
③ スマホ視聴・音声講座・eラーニングなどスキマ時間を活かした勉強法
④ 独学でも理解しやすいフルカラーテキスト
講座のパターンがシンプルでわかりやすい
⑥ 倍速での音声講座など「時短学習」に徹底コミット

 

<スタディングの弱点>
① まだ新しいため情報が少ない
② 「最短距離」を目指すため、じっくり学習したい人には不向き
紙のテキストがないため、電子に抵抗がある人には不向き(印刷可)
フォローがほとんどない

 

 

カリキュラム

3級合格コース
5,478円(税込)
基本講座と演習講座がセットになったカリキュラムです。
 (1)基本講座 全27講座(約14時間)
 (2)スマート問題集 全27回
 (3)直前対策講座 計1回
 (4)合格模試 計2回

 

2級合格コース
19,580円(税込)
基本講座と演習講座がセットになったカリキュラムです。
 (1)基本講座 全36講座(約14時間)
 (2)スマート問題集 全36回
 (3)試験対策講座 計5回
 (4)合格模試 計2回

 

①+②セットのコース
21,780円(税込)

 

 

受講形態

受講形態は以下のとおりです。

① 通信:Web通信講座

 

スタディングの販売士講座申込み・資料請求はコチラ!

 

 

テキスト・フォロー

テキスト・フォローの特徴は以下のとおりです。

① 検索とメモができるフルカラーWEBテキスト
② 基本テキストは電子書籍のみ
③ 講座はダウンロード可(1.5倍速・2倍速)
音声講座あり(倍速で時短学習)
⑤ 問題集はWebで学習可

 

 

2021年2月試験まで対応だから安心!

販売士の試験は年2回・毎年2月と7月にあります。

いまリリースされているスタディングの販売士講座は2020年7月対応版ですが、なんと2020年7月・2021年2月版まで受講可能なのです。

つまり、

  • 2020年7月試験不合格になってしまった
  • つい勉強をサボって2020年7月受験しなかった

という場合でも、追加出費なくあと1回のチャンスが与えられるのです。
これは嬉しいですね。

もちろん1発で合格することがイチバンですが、安心感を持って受験に向かえるのは大きいですね。

 

学習レポートで自己管理できる!


やっぱり独学って勉強続くか不安・・・

という方も多いと思います。

しかし、スタディングの学習管理アプリ「学習レポート」なら、スタディングで学習した時間・進捗状況が自動的に集計されて、モチベーション維持につなげられます。

独学だとついつい数日学習をサボってしまっても「まだ2~3日くらいかな?」と錯覚しがち。
実際は1週間くらいサボっていた!?、ということもよくありますよね。

また、「今日は3時間くらい頑張ったかな!」と思っていても、実際はダラダラしていて全然進んでいないことも。

この学習レポートなら、いつ・どのくらい学習したかというのがグラフで可視化されますので、「錯覚」に惑わされることがありません。

通信講座の弱点を補ってくれる素晴らしいオプションですね!

 

スタディングの販売士講座申込み・資料請求はコチラ!

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

リテールマーケティング(販売士)検定ってどんな資格?難易度は?役に立つの?