危険物取扱者(乙4)初学者向け講座5社徹底比較!【2020年度合格目標】

 危険物取扱者はその名のとおり「危険物」を管理・取扱うための資格です。
 資格は大きく甲種・乙種・丙種に分かれ、乙種は危険物の種類ごとに6類に分かれます。

 中でも乙種4類は「ガソリン・アルコール類・灯油・軽油・重油」と多岐に渡る業務で必要になる資格のため、様々な業種で需要の高くなっています。

 難易度はそれほど高くなく、3ヶ月前後の学習で取得可能です。

 独学でも十分に合格可能ですが、割とリーズナブルな価格で通信講座を受講することができます。
 あまり危険物の分野に馴染みがない方や、独学が苦手な方はコスパの高い講座を受講して、確実に合格を勝ち取りましょう。

 今回は、各講座の特徴から、どの講座があなたにとって最適な選択か、解説していきたいと思います。

 危険物取扱者(乙4)の難易度や合格後の仕事ついては↓の記事でご紹介しています。

 

主要5社を徹底比較まとめ

学校名受講形態初学者向け講座費用(税込)学習方法管理人おススメ度各社HP
① フォーサイト通信10,780円講義・テキスト・演習★★★★☆フォーサイトの危険物乙4講座申込み・資料請求はコチラ!
② スタディング通信4,950円講義・テキスト・演習★★★★★スタディングの危険物乙4講座申込み・資料請求はコチラ!
③ オンスク.jp通信(テキスト無し)月額1,078~1,628円講義・演習★★★☆☆オンスク.jpの危険物乙4講座申込み・資料請求はコチラ!
④ 生涯学習のユーキャンテキストのみ39,000円テキスト・演習★☆☆☆☆ユーキャンの危険物乙4講座申込み・資料請求はコチラ!
⑤ ヒューマンアカデミーたのまなテキストのみ15,400円テキスト・演習★☆☆☆☆ヒューマンアカデミーの危険物乙4講座申込み・資料請求はコチラ!

※当記事で掲載している価格・内容は執筆時点のものです。最新の情報は各社HPからご確認ください。

 

 フォーサイト

フォーサイトの特徴

通信講座といえばフォーサイト。
リーズナブルで充実の通信講座で定評がありますね。

元々は宅建を中心とする不動産研修会社として設立された会社ですが、いまや「危険物取扱者」までもカバーする「オンライン予備校を代表する企業」です。

 

<フォーサイトの強み>
① 通信講座業界では安心のクオリティで定評
この価格でこのクオリティ(講義動画・テキスト)は唯一無二
③ 乙4講座には珍しい講義動画あり
④ 独学でも理解しやすいフルカラーテキスト
⑤ 特許取得のオリジナルeラーニングシステム「ManaBun」が優秀

 

<フォーサイトの弱点>
① メールでの質問対応回数に上限がある

 

 

カリキュラム

危険物乙4講座は1パターンです。

危険物乙4スピード合格講座(受講期限:教材到着日から2021年3月末日迄)合格コース10,780円(税込)
⇒計481分の講義動画・基本テキスト・問題集に加え、
 ①合格必勝テキスト
 ②模擬試験1回分
 ③演習ノート
 ④戦略立案テキスト
 ⑤eラーニング「ManaBun」
 ⑥無料メール質問5回分
が付属したパックになっています。

 

受講形態

受講形態は以下のとおりです。

① 通信:Web通信講座

 

 

テキスト・フォロー

テキスト・フォローの特徴は以下のとおりです。

① 基本テキストはフルカラー
② 通信講座用に専用スタジオで撮影した講義動画
③ 問題集はWebで学習可
24時間メールサポート5回まで
⑤ 月1度のフォローメルマガ配信

 

フォーサイトの危険物乙4講座申込み・資料請求はコチラ!

 

 

 

 

スタディング

スタディングの特徴

2010年に法人化されて以降、順次新規講座を開設してきたKIYOラーニング株式会社の「スタディング」。
危険物取扱者乙4は2018年度から開講されました。
信じられないほど低価格の講座となっていますので、コスパ重視の方には超おススメです。

<スタディングの強み>
① 講義動画付きで驚愕の低価格
② 無駄を最大限省いた「最短距離」での合格を目指す
③ スマホ視聴・音声講座・eラーニングなどスキマ時間を活かした勉強法
④ 独学でも理解しやすいフルカラーテキスト
⑤ 倍速での音声講座など「時短学習」に徹底コミット

 

<スタディングの弱点>
① まだ新しいため情報が少ない
② 「最短距離」を目指すため、じっくり学習したい人には不向き
紙のテキストがないため、電子に抵抗がある人には不向き
フォローがほとんどない

 

 

カリキュラム

危険物乙4講座は1パターンです。

乙種4類合格コース【2020年合格目標】
4,950円(税込)
⇒計505分の講義動画・基本テキスト・問題集に加え、
 ①短期合格セミナー
 ②法令暗記ツール
 ③模擬試験 全10回
が付属したパックになっています。

 

受講形態

受講形態は以下のとおりです。

① 通信:Web通信講座

 

 

テキスト・フォロー

テキスト・フォローの特徴は以下のとおりです。

① 検索とメモができるフルカラーWEBテキスト
② 基本テキストは電子書籍のみ
③ 講座はダウンロード可(1.5倍速・2倍速)
④ 通勤・通学で便利な音声講座あり(倍速で時短学習)
⑤ 問題集はWebで学習
独自の学習レポートツールにより学習時間と進捗状況を可視化

 

スタディングの危険物乙4講座申込み・資料請求はコチラ!

 

 

 

オンスク.jp

オンスク.jpの特徴

<オンスク.jpの強み>
サブスクリプション(月額定額制)という新しい受講スタイル
「ウケホーダイ」プランだと他の講座も受講できて視野が広がる!
③ 講義動画は1ピリオド10分以内でスキマ時間を活用しやすい
④ 講義と演習の効率的なサイクル学習

 

<オンスク.jpの弱点>
テキストがないため講座受講だけでは不安
② 月額定額制のため勉強・合格しないとズルズル行きがち
③ 他の講座に比べると、講義動画以外の内容が薄い

 

 

カリキュラム

危険物乙4講座は1パターンです。

危険物乙4 講座
⇒計450分の講義動画・問題演習356問のセットです

 

 

<料金形態>
①ウケホーダイ-ライト 月額1,078円
 ⇒講義動画視聴・問題演習の最低限のプランです
②ウケホーダイ-スタンダード 月額1,628円
 ⇒①に加えて、講義音声・スライドダウンロードや問題演習の復習機能が付属します
③資格別プラン 3ヶ月4,378円 6ヶ月6,578円 9ヶ月11,880円
 ⇒使える機能は②と同様で、「危険物乙4」のみ受講できます。

 

 

受講形態

受講形態は以下のとおりです。

① 通信:Web通信講座

 

 

テキスト・フォロー

テキスト・フォローの特徴は以下のとおりです。

① テキストは無し
② 基本的にフォローは無し

 

オンスク.jpの危険物乙4講座申込み・資料請求はコチラ!

 

 

 

生涯学習のユーキャン

ユーキャンの特徴

<ユーキャンの強み>
動画学習が最低限(ガイダンスのみ)のみのため最短距離で学習できる
開講30年の実績があり安心

 

<ユーキャンの弱点>
動画がないため、法律系知識が苦手な方は学習しづらい
② テキスト中心にしては高額

 

 

カリキュラム

ユーキャンは基本的にテキストのみのスタイルです。

ユーキャンの危険物取扱者乙四丙種講座
39,000円(税込)
⇒基本的にはテキストによる講座です。

 

 

受講形態

受講形態は以下のとおりです。

① 通信:テキスト(一部動画オプション)

 

 

テキスト・フォロー

テキスト・フォローの特徴は以下のとおりです。

① 基本テキストは黒・赤の二色刷り
② 暗記に役立つ「ゴロおぼえ手帳」
試験種別模擬試験は丙種・乙種4類の2回分
④ ユーキャン特有の添削スタイル

 

ユーキャンの危険物乙4講座申込み・資料請求はコチラ!

 

 

 

 ヒューマンアカデミーたのまな

ヒューマンアカデミーたのまなの特徴

<ヒューマンアカデミーの強み>
動画学習が最低限スのみ)のみのため最短距離で学習できる
計4回の提出レポートで実力が確認できる

 

<ヒューマンアカデミーの弱点>
動画がないため、法律系知識が苦手な方は学習しづらい
② テキスト中心にしては高額

 

 

カリキュラム

ヒューマンアカデミーは基本的にテキストのみのスタイルです。

① 危険物取扱者受験講座(乙種)
15,400円(税込)
⇒基本的にはテキストによる講座です。
 基本テキスト・問題集に加え、学習ガイド・レポート課題集が付属します。

 

なお、19,800円で甲種の講座もあります。

 

 

受講形態

受講形態は以下のとおりです。

① 通信:テキスト

 

 

テキスト・フォロー

テキスト・フォローの特徴は以下のとおりです。

① 基本テキストは紙媒体
レポート課題という珍しいスタイル

 

ヒューマンアカデミーの危険物乙4講座申込み・資料請求はコチラ!

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

危険物取扱者の難易度は?甲乙丙の違いは?乙種4類は需要が高い!