【勘定科目】NHK受信料の勘定科目は?個人事業主は経費にできる?

 

企業活動において、情報を得るために事務所にテレビを設置することは一般的です。

また飲食業などでも、お客さんが食事中に見ることができるよう、テレビを設置することもよくありますね。

皆さんご承知かと思いますが、テレビを設置すると「NHK受信料」の契約・支払義務が発生します。

これは法人においても例外ではありません。

<参考:NHK公式HP(よくある質問集)>
https://www.nhk.or.jp/faq-corner/2jushinryou/02/02-02-18.html

 

 

 

今回は、NHK受信料の会計処理について解説していきます。

個人事業主の経費計上方法についても解説しますので、併せてご覧ください。

 

 

NNK受信料の勘定科目は?証憑は何を保存すればいい?

法人として事業所や店舗にテレビをしている場合、NHK受信料は通信費に計上します。

ただし、金額の重要性が低ければ雑費での計上も可能です。

 

基本的には口座振替で自動引き落としによって支払いすることになります。

計上した会計伝票には、

NHKから発行される、

  • 放送受信料領収証
  • 口座振替のお知らせ

を計上証憑(エビデンス)として保管しましょう。

 

ただし、NHKによると、上記書類は環境面を考慮し「希望者のみ」の送付にしているとのことです。

そのため、書類を希望しない企業の場合には、契約書のコピーを保管するとよいでしょう。

 

 

個人事業主はNHK受信料を経費にできる?

テレビを事業用に設置している場合には、経費にすることが可能です。

ただし、自宅兼事務所の場合には、家賃や光熱費と同様に、按分して計上する必要があります。全額はできませんので注意が必要です。

一方で個人事業主の方が、完全に事業用としている事務所にテレビを設置している場合には、全額経費として差し支えありません。

 

 

 

まとめ:仕訳で確認!

<例>
NHK受信料として、1,310円が口座から引き落とされた。

 

借方 貸方
通信費 1,191 普通預金 1,310
仮払消費税 119    

 

 

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。

今回はNHK受信料の会計処理について解説しました。

手続き面・契約面で少しややこしい部分はありますが、毎月引き落とされることに関する仕訳の計上は非常にシンプルです。

よほど事業所数が多くない限りは、金額も僅少ですし、仕訳数も少ないと思いますので、経理部門の方がおさえておけば問題はないでしょう。

 

 

会計ソフトを探している方は「やよい会計」がおススメです

個人事業主やスタートアップ企業の経営者の方などで、


経理処理が面倒だしお金かけたくない

と思っている方は多いと思います。

そんな方におススメなのが「やよい会計」です。

おすすめポイントは、

  • 経理初心者でもダントツで分かりやすい
  • ランニングコストがダントツで安い

という点です。非常に重要ですね。

10年の経理歴の中で、様々な会計ソフトや経営者・フリーランサーを見てきた私が、断言します。

正直、社員数1,000人以上の大企業にはおススメできませんが、個人事業主や数十人程度の会社であれば「やよい会計」で間違いないでしょう。

無料体験も可能です。

  • 白色申告用はずっと無料プランあり!
  • 青色申告用は1年間無料プランあり!
  • 法人向けは2ヶ月無料プランあり!

無料体験中に解約しても費用は掛かりませんので、とりあえず無料登録してみましょう!

個人事業主向け:「やよいの白色申告」申込みはコチラから!

個人事業主向け:「やよいの白色申告」申込みはコチラから!

法人向け:「弥生会計」申込みはコチラから!

 

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【勘定科目】花代の会計処理は?開店祝い・慶弔花・事務所装飾

【勘定科目】印刷・コピー代は事務用品・消耗品費とは分けて管理しましょう

【勘定科目】入出金時の銀行振込手数料ってどっち負担?勘定科目や消費税は?

【勘定科目】過年度計上した見積り・仕訳が誤っていた時の修正科目は?

【勘定科目】住民票・卒業証明書など入社書類の勘定科目・消費税は?

【勘定科目】外形標準課税のために家賃と共益費の勘定科目は区分していますか?