スタディングの司法試験予備試験講座の口コミは?安さの秘密を徹底調査!

 

司法試験は法曹三者と呼ばれる「弁護士・裁判官・検察官」になるための国家試験です。

そして、その司法試験の受験資格として予備試験に合格する必要があります。

 

司法試験が最終関門ですが、合格率は予備試験の方が低く、毎年4%前後という超難関資格になっています。

 

予備試験の受験者は、社会人から大学生まで幅広く、法律家を志す猛者たちが挙って受験します。

当然独学というのは現実ではなく、ほとんどの受験生は予備校や通信講座を受講しています。

 

しかし、学習期間が2年以上は必要な超難関試験ですので、講座費用は安くても50万円以上、高額なところでは100万円以上かかってきます。

大学生や若手社会人には厳しい出費です。

 

そこで、今回「スタディングの予備試験講座」をご紹介します。

スタディングの通信講座はコチラ!

 

なんと、スタディングの予備試験講座は、15万円以下という価格破壊を起こしています。

今回は、スタディングの講座が司法試験予備試験講座の中で圧倒的な最安値であり、大手に比べて人気の理由・他社通信講座に比べたメリット・デメリットを詳細に調査しましたので、解説していきます。

「安いから」

という理由だけでこの難関資格の講座を決めるのは大変危険ですので、この記事を読んで、ご自身に合うか見極めてください。

 

 

 

いきなり結論!スタディング予備試験講座はおススメできるの?

結論としては、私の評定ではスタディング予備試験講座は8講座中3とさせていただいております。

他のオンラインスクールとの比較はこちらの記事をご覧ください。

 

ポイントは、

  • 主要8社の予備試験講座の中でダントツ最安値
  • インプットからアウトプットまでスマホ一台で完結
  • 講義+Web問題集の繰り返しで効率重視

この辺りになります。


※筆者独自の見解です。

 

なお予備試験のスタディング通信講座を検討するにあたって、必ず、

の通信講座と比較するようにしてください。(上記リンクから各講座の分析記事にリンクします)

 

 

ではここから詳細を解説していきます。

 

 

 

 

大手資格予備校に比べて安い理由

① 価格を比較してみた ⇒最安値!

こちらは2021年8月時点のスタディングの司法試験予備試験講座のカリキュラムです。

カリキュラムは2段階で、論文対策講座が含まれた「総合コース」で「134,200円」という価格です。

予備試験講座の中ではスタディングが圧倒的な最安値です。

 

他社の通信講座価格と比較してみましょう。

<主要通信講座価格>※( )内は通学
スタディング:134,200円
伊藤塾:1,324,900円(1,364,900円)
アガルート:1,384,460円
資格スクエア:987,800円
LEC:1,062,870円(1,120,000円)
Wセミナー(TAC):599,000円

 

見て明らかなように、スタディングの講座は他社に比べて1ケタ違います

もちろん講義・フォローは他社に比べると劣る部分があります。

 

しかし、短答式・論文式一通り試験範囲はカバーされています。

  • 金銭的に余裕のない大学生・高校生
  • すでに法律系の学習経験がある方

にとっては、この価格で予備試験にチャレンジできるというのは非常にありがたい講座と言えます

 

 

② 講義時間を比較してみた

価格も重要ですが、講座の内容も重要です。

比較しやすい講義時間を見てみましょう。

<動画講義の時間>
スタディング:345時間
伊藤塾:827時間
 ※2年合格コース(伊藤塾長クラス)
アガルート:723時間
資格スクエア:520時間
LEC:897時間
 ※1.5年合格コース
Wセミナー(TAC):615時間
 ※予備試験2年合格フルパック

 

価格は1~2割でしたが、講義時間も4~7割程度です。
最安値のスタディングですが、他講座に比べてかなり短めですね。

講座費用が安い分、講義時間を削っているという見方もできるでしょう。

ただスタディングの通信講座は、専用スタジオで収録しているため、通学講座の演習時間など無駄な時間はカットされており、純粋な講義時間のみカウントされています

また、資格スクエアやWセミナー(TAC)も、最近講義時間を短めにシフトしています。
司法試験予備試験に限らず、資格試験はインプットよりアウトプットが重要なためです。

そのため、一概に「講義が短いから足りない」ということでもありません

 

とはいえ、

  • 全くの法律系初心者
  • 資格勉強慣れしていない方

にとっては少しハードルが高いかもしれません。

 

裏を返せば、

  • ある程度、司法試験に関する知識がある方
  • 資格勉強に慣れている方(行政書士資格保持者など)

にとっては、スタディングは効率的に学習できる講座と言えます。

 

 

 

スタディングの講座はなぜこんなに安いの?

ではなぜスタディングの講座は他社に比べてここまで価格を抑えられるのでしょうか。

それはビジネスモデルに秘密があります。

 

通学講座は、優秀な講師や教室の数に限りがあります

講師の人件費や教室の賃料を回収するために、単価を上げざるを得ません

 

一方で通信講座は、一度撮影してしまえば不特定多数に配布することができるため、場所代がほとんどかかりません

スタディングの場合、専用スタジオがありますので、設備代の初期コスト・スタジオの場所代はかかりますが、全国展開する予備校に比べれば大したことはありませんね。

 

また、講師も優秀な人材を一人確保できればよいですから、採用・研修費もギリギリまで抑えることができます

そのため、価格を抑えられるのです。

 


他社も通信講座やってるけど、通信講座の価格を安くすればいいじゃない?

と思うかもしれません。

しかし残念ながら、「通学講座」をメイン事業としている企業が「通信講座」を安く提供してしまうと、メインの「通学講座」を受講する人がいなくなってしまいます

そうならないために、通信講座を通学講座並みにせざるを得ないのです。

 

つまり、

「価格が安い = 質が低い」ではない!!

 

ということをしっかりと理解しておいてください。

スタディングの通信講座はコチラ!

 

 

 

 

スタディング予備試験講座の特徴は?

スタディングの圧倒的な低価格と、その秘密はご理解いただけたかと思います。

ではここから本題で、スタディング予備試験講座の中身を見ていきましょう。

 

まず良いところ・悪いところを分析しました。

下表は予備試験対策にスタディングの講座が向いてる人・向いていない人の特徴です。

向いてる人 向いてない人
仕事や学校が忙しいので通信講座が良い しっかり時間を取れるので通学講座が良い
テキストは持ち運びに便利な電子書籍 テキストは馴染みのある
講義は最小限にして、過去問をひたすら繰り返したい 理解力がないので基礎講義に時間を取りたい
実務経験・行政書士など、関連知識がある方 全くの初学者の方
金銭的に余裕がない方 金銭的に余裕のある方

 

結論から見るとこのように分けられるのですが、その理由をこれから詳しく解説していきますね。

 

 

 

スタディングの予備試験講座の合格実績は?口コミは?

スタディングは比較的新しいオンラインスクールです。

その中で司法試験予備試験講座は、2016年に開講された講座で、まだまだ実績はこれからです。

 

さらに、スタディングは合格率や合格者数は公開していません。

スタディングの講座は予備試験講座に限らず非公開なのです。

 

代わりに、受講者の口コミを紹介します。


スタディングの受講を検討される方は、多くが働きながら司法試験合格を目指す方であると思います。スタディングは、そうした方でも十分司法試験に合格できるよう、どこまでの法律知識を教えるのか、そしてそれをどのような形で受験生に理解してもらうのかについて、徹底的に考え抜いて講座設計がされていると思います。

動画講義では、当事者の関係や法律論も図表で整理され、講義の進行とともに変化していきますので、とても分かりやすく、記憶に残りやすかったです。私の合格の原動力の一つとなった「基礎知識固め」は、スタディングの講座で支えられました。

論文対策指導は本物だった。法的三段論法に即した書き方をここまで具体的に教えてくれるところは他にない。

通常であれば教材や資料を広げられないタイミングでも、通勤講座(現・スタディング)ならスマホで完結した勉強をすることが出来ます。この講座で学んだことを本番でも実践できるようにするため、問題演習を大量に行いました。

講師の先生が、講義中に「問題文から規範を導く方法」等、知識に頼らない方法や、「ここまで知識として押さえておく必要はない」と仰って安心感を与えてくださったのが有難かったです

引用URL:公式HP(合格者の声)

 

このように、スタディングの講座を選択した方は、

「時短学習にコミット」

「隙間時間を活用」

「短く論文対策に繋げる講義」

といった点に惹かれた方が多いようで、実際に受講しても実感できているようですね。

予備試験は働きながら勉強する方も多いので、通勤時間などのスキマ時間の活用は非常に大切です。

 

また、膨大な量の試験範囲ですので、「無駄を省いている」という点の評価も高いようですね。

 

 

 

スタディングのカリキュラムは?

スタディングの初学者向け講座は以下のとおりです。

2コースあります。

  • 基礎コースは、基礎講座(短答式)のみ
  • 総合コースは、論文対策・法律実務基礎科目が付属

という構成になっています。

 

スタディングのカリキュラムの特徴で、私が重要だと思うところはこちらです。

<管理人が重要だと思う特長!>
(1) 音声だけでも理解できる通信講座専用の講義
 ⇒通学講座を録画しただけの通信講座では、無駄が多いうえ分かりづらいです
(2) 1.5倍・2・3倍速対応
 ⇒通信講座の醍醐味。簡単な時や2回目・3回目の復習に活用しよう!
(3) スマホに記録される問題集・過去問集
 ⇒正解・不正解を手書きでチェックするのは非効率!すべてアプリがやってくれます
(4) 講義は最低限で、過去問演習にじっくり時間を割ける
 ⇒暗記系試験は過去問が超大事!

 

「時短学習にコミット」

をアピールしていますので、効率的に学習できるツールは非常に充実しています。

 

勉強スタイルに人それぞれですが、「働きながら資格取得」という方にとって、効率的に学習することは非常に重要です。

 

もちろん他のオンラインスクールでも同様のツールが用意されている場合もあります。

しかし、一部テキスト・問題集がスマホ学習に対応していないケースもあります。

 

その点、スタディングは

「すべてスマホ完結」

という徹底ぶりです。

 

スマホ世代にはピッタリですね。

スタディングの通信講座はコチラ!

 

では、スタディングのカリキュラム、その他の特徴を以下に書いておきます。

 

① 基本講座(動画講義約190時間)

  • 試験で実際に問われる基礎知識と理解に絞り込んで190時間に濃縮
  • フルカラーで分かりやすく図解されたスライドを用いた解説
  • 丁寧な解説で覚えにくい法律知識も理解しやすい
  • 通学講座の録画ではなく、通信用の専用動画のため、音声だけでも理解できる
  • 1.5倍・2倍速にも対応しており、通勤時・通学時・筋トレ時の流し聞きにも最適
  • 検索・メモ機能の付いたWEBテキスト
WEBテキスト

上図はWebテキストのサンプルですが、フルカラーかつ図表が豊富で分かりやすい印象ですね。

 

 

② 法律実務基礎科目対策講座

  • 論文式・口述試験の法律実務基礎科目対策を12時間に濃縮
  • 民事実務・刑事実務に加え、法曹倫理もしっかりカバー
  • 基礎講義同様のフルカラーWebテキスト・スライド・倍速機能

 

 

③ 論文対策講座 基本フォーム編

  • 論文式試験の基本的な書き方を問題演習と73時間の講義でマスター
  • 論文式答案の「書き方」を三段論法を中心に学習
  • まず問題を解き、その後3回の講義で答案を作成するための知識とテクニックを学習

 

 

④ 論文対策講座 予備実践編

  • 基本フォーム編での学習を活かして、実践的な論文対策を行う
  • 基本7科目各科目で6回・6問分の過去問を素材に答案の書き方を指導
  • 応用として、法律実務基礎科目の答案の書き方もレクチャー
  • 実践的な演習に計67時間の講義

 

 

⑤ スマート問題集

  • 他の選択肢に左右されない一問一答形式
  • 基本講座が終わるごとに単元に合わせて出題
  • 各問題ごとの「受講者全体平均点」が表示される
  • 苦手な問題だけ出題される機能付き
  • 通勤・通学時間など隙間時間を有効活用

 

 

⑥ セレクト過去問集

  • 実際の試験と同じ方式での演習
  • 過去問演習だけでも習得できるよう、解説が丁寧で分かりやすい
  • 単に過去問を解くだけでなく、アプローチ方法・解法をマスターできる
  • スマホでいつでもサクッと取り組める

 

 

いかがでしょうか。

最安値のスタディングですが、教材・カリキュラム・学習ツールが非常に充実しています。

動画が他社より短いため、少し不安になりますが、その分、通信講座を活かした武器も備わっています。

 

 

⑦ 暗記ツール

予備試験において、「暗記は大前提」であるため、時間をかけることができません。
当然ノートに書いたり、赤シートを作ってるヒマはありません。

スタディングでは、いわゆる「赤シート」による暗記が、アプリでできます

私もスタディング税理士試験講座で使っていますが、非常に便利です。

 

スタディングの通信講座はコチラ!

 

 

 

 

スタディングの講師は?講師には確かな実績!

スタディングの司法試験予備試験講座は小村仁俊・小倉匡洋講師の2名による講義です。

引用:スタディング公式HP(講師メッセージ)

 

基本講座は小林講師論文対策講座は小倉講師が担当します。

いずれも司法試験を通過した現役の弁護士で、指導歴も長いです。

 

講師のクオリティは全く問題ありませんね。

 

とはいえ、講義の分かりやすさには各々好みがあると思います。

スタディングでは会員登録すれば無料で講義動画を視聴することができます。

無料の会員登録・動画視聴はコチラ!

受講を検討されている方は、必ず事前に確認しておいてください。

 

経歴が確かでも、

  • 話し方
  • ペース・間
  • テンション

などがあなたに合わない場合があります。

1年以上受講する講師との相性が合わないと、学習効率の低下につながります。

 

しっかりデモ動画を確認したうえで、「お二人の講義を受けてみたい!」という方は、スタディングを選びましょう!

スタディングの通信講座はコチラ!

 

 

 

スタディングの学習方法は?

基本講座⇔一問一答⇔過去問のサイクル学習

司法試験予備試験は、超難解な法律知識を前提とし、それを活用することが問われます。

単純に法令・条文・判例を暗記するだけでは太刀打ちできません。
より深い理解をもって、膨大な学習範囲を応用しなければならないため、効率的に学習していかなければなりません。

 

そこでスタディングの学習スタイルは、

  • 基本講座(インプット)
  • 一問一答(アウトプット)
  • 過去問(アウトプット)

を効率的に繰り返すことにより、無理なく自然に知識を定着させることを主軸にしています。

インプット講義が長い講座ですと、なかなか知識をアウトプットできず定着できません。

その状態で次々に新しい知識が入ってくると、序盤の知識がどんどん抜けていき非効率です。

 

スタディングは、基礎講義が細切れになっていて、都度都度「スマート問題集」を挟むことができます。

アウトプットしながらインプットもできるため、学習効率も上がります。

 

 

何よりこれらの学習の大半を「スマホやタブレット」で完結できてしまうことが大きな武器です。

働きながら3年近くも学習を続けるとなると、なかなか机に向かって勉強する時間を捻出することができません。

そこで、通勤時間などのスキマ時間を生かすには、このスマホ等を使った学習がベストです。

 

さらにスタディングには学習管理に役立つツールが充実していますので、紹介していきます。

 

 

学習フロー管理

学習フロー
スタディングの学習管理アプリでは、自動的に効率的な学習順序が構成されています。

「いつ問題演習を挟むか」

ということをいちいち考える必要がありません。

 

紙のテキスト・問題集では、自分で判断してテキストを入れ替えなければなりません。

スタディングの学習ツールは、

基礎講義⇒確認問題⇒実戦問題⇒基礎講義⇒確認問題⇒実戦問題⇒基礎講義・・・

と、何も考えずに、アプリを進めていくだけで最適な学習が可能です。

 

もちろん、ご自身で学習順序をアレンジして、あなた独自の学習スタイルを構成することもできます。

 

 

学習時間・進捗時間を自動レポート!

自動で学習時間・履歴が作られる、通信講座ならではの武器です。

  • いつ、どれくらい講義を受けたか
  • いつ、どれくらい問題集を解いたか

これらをしっかりと自動で把握できます。

手動でノートに学習時間をメモする必要はありませんし、チャプターの達成数も分かりますので、効率も把握できるところが素晴らしいですね。

 

「しばらくサボってしまった!」

「あれ、1週間も勉強してない・・・」

というフィードバックが受けられるので、通信でもモチベーションが下がりにくくなります。

 

引用:スタディング公式HP(教材・カリキュラム)

 

 

 

スタディングの特典・割引は?

スタディングには様々な特典・割引制度があります。

現時点で司法試験予備試験講座で適用対象となっているのは以下の特典です。

 

① 合格お祝い金制度

スタディングの予備試験講座を受講し、試験に合格すると以下の特典があります。

<特典利用の条件>(すべて満たす必要があります)
① 対象講座の受講
② 予備試験・司法試験の合格
③ アンケートの提出
④ 合格体験記の提出

 

<特典内容>
司法試験合格:10,000円
予備試験合格:10,000円

 

合格したらお小遣いがもらえるというのはモチベーションにつながりますね。

元々が他社に比べて安いですが、10,000円バックと考えるとさらにお得感があります。

WEBメディアやパンフレットに掲載はされますので、そういったことに抵抗がないかたはメリットですね。

 

 

 

スタディングの欠点・デメリットは?

ここまで、スタディングの予備試験講座のメリットを中心にお伝えしてきました。

  • 圧倒的な低価格
  • スマホやタブレットを駆使した「スキマ時間学習」のツール

は、スタディングを選ぶ強い理由になるのではないでしょうか。

 

ただ、当然スタディングにもデメリットはあります

各社講座には様々な特徴がありますので、それがあなたに合うかどうかも分かりません。

 

そのため、

価格・学習ツールに惹かれて実際に受講してみたら自分には合わなかった!

ということがあります。

 

そうならないために、当記事ではスタディングの弱点・デメリットを取り上げていきます。

このデメリットや欠点を見ても、「許容できる」と思えるのであれば、スタディングの講座を選択して問題ないでしょう。

 

 

① 電子テキスト反面、紙媒体がない

スタディングはスマホやタブレット・パソコン端末での学習が基本です。

電子媒体だからこそ、スタディングの「スキマ時間学習」のメリットが生かされます。

 

スマホに慣れている方にとっては、全く問題ないと思います。

私もスタディングを受講していますが、スマホ1台で全て完結させています。

 

しかし、中には

「勉強は紙テキストでないとできない!」

という方も多くいらっしゃると思います。

 

予備試験講座には、有料でも紙テキストが用意されていませんので、紙派にはデメリットと言えるでしょう。

 

 

 

② テキストだけでなく問題集も電子のみ

問題集もアプリのみの展開です。

アプリの特性を活かして、

  • 回答・正誤履歴の自動記録
  • 「間違えた問題」「後でもう一度やりたい問題」の自動出題
  • 問題ごと受講生全体の平均点表示

といった機能が使えるため、電子派の方には全く問題ありません。

 

ただ、紙の問題集に書き込んでいきたいタイプの方にはデメリットと言えるでしょう。

 

また、実戦形式の問題や記述式の場合には、どうしても紙で学習する必要があります。

もちろん、スタディングの問題集はPDF形式ですので、印刷することができます。

 

ただやはり手間になりますし、印刷代もかかります

元々紙媒体のテキストであれば、そのまま書き込みが可能です。

 

実際の試験は紙媒体です。

この部分は、「紙媒体の問題集に劣る」と言えるでしょう。

 

 

 

③ 基礎講義が短い

はじめに解説したとおり、スタディングの講義は他社に比べると4~7割程度の時間です。

<動画講義の時間>
スタディング:345時間
伊藤塾:827時間
 ※2年合格コース(伊藤塾長クラス)
アガルート:723時間
資格スクエア:520時間
LEC:897時間
 ※1.5年合格コース
Wセミナー(TAC):615時間
 ※予備試験2年合格フルパック

 

前述したとおり、スタディングは無駄を省いて最短距離で合格を目指すため、この時間になっています。

そこで捻出した時間を、問題演習などのアウトプットに割けるのはメリットと言えます。

 

とはいえ、

「法律系の学習経験がないからじっくり講義を受けたい」

という方にとっては、スタディングの講座は難易度が高いかもしれません。

 

 

 

 

④ 実績が非公開

スタディングの講義は実績を公開していません

予備試験講座に限らず、公開していません。

 

実績がすべてではありませんが、やはり合格実績が分からないのは不安になりますよね。

 

 

 

⑤ テキストの内容が少し薄め

スタディングのテキストは、Web用に作成されているため、非常に簡潔にまとまっています。

スッキリしているということは当然、これがメリットにもなるのですが、一方でデメリットにもなります。

 

他社の紙媒体テキストはボリュームが多い分、内容が充実しています。

ある程度、司法試験・予備試験に関する知識がある方には分かりやすいのですが、慣れていないと「物足りない」と感じる方も多いでしょう。

 

 

一方で、価格は圧倒的に安いです。

<主要通信講座価格>※( )内は通学
スタディング:134,200円
伊藤塾:1,324,900円(1,364,900円)
アガルート:1,384,460円
資格スクエア:987,800円
LEC:1,062,870円(1,120,000円)
Wセミナー(TAC):599,000円

 

安さを取るか、実績・安心感・ボリュームを取るか。

個人個人の学習スタイルによって違います。

  • 学生で金銭的に余裕がない方
  • 社会人で時間に余裕がない方

は間違いなくスタディングがおススメです。

 

デメリットが容認できて、コスパを取るという方は、早速スタディングの講座を申し込みましょう

スタディングの通信講座はコチラ!

 

 

 

まとめ―スタディングの予備試験講座に向いてる人・向いていない人

いかがでしたでしょうか。

講座選びは、ネームバリューや実績だけでなく、受講スタイルや教材・口コミなどから総合的に判断することが大事です。

そして何より、調べた情報から「あなたに合った講座」を選択しなければなりません。

 

最後にここまでの情報から、スタディングの講座に向いている人・向いていない人の特徴をまとめました。

向いてる人 向いてない人
仕事や学校が忙しいので通信講座が良い しっかり時間を取れるので通学講座が良い
テキストは持ち運びに便利な電子書籍 テキストは馴染みのある
講義は最小限にして、過去問をひたすら繰り返したい 理解力がないので基礎講義に時間を取りたい
実務経験・行政書士など、関連知識がある方 全くの初学者の方
金銭的に余裕がない方 金銭的に余裕のある方

 

「向いてる人」に当てはまる方は、いますぐスタディングの講座を申込みましょう!

学習を決めたら早い方がオトクです!

スタディングの通信講座はコチラ!

 

 

「私には向いていないなぁ」という方は、他の予備試験講座情報をまとめていますので、↓の記事をご覧ください!

 

司法試験予備試験講座8社比較はコチラ!

当サイトおススメ1位!圧倒的な実績と人気を誇る伊藤塾の予備試験講座はチェック必須です!

おススメ2位!通信だけど紙媒体でしっかり学習したい方はアガルートアカデミーの予備試験講座をチェックしてみてください。

おススメ4位!動画講義もしっかりしていて、オンライン学習ツールも充実したバランスのいい資格スクエアの予備試験講座も、チェックしてみてください。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アガルートの司法試験予備試験講座の評判は?おススメできるか徹底他社比較!

伊藤塾の司法試験予備試験講座のデメリットは?人気だけど欠点は?【クーポン情報】

司法試験予備試験講座8社比較!おススメ・実績分析結果公開【2022年度以降】

資格スクエア司法試験予備試験講座の評判は?口コミ・デメリットを調査!