【勘定科目】ごみ処理券は行政サービスなのに消費税課税対象って何で?

事業活動において、粗大ごみなどが発生した場合に「ごみ処理券」を購入することがあります。

そこまで発生することは多くないと思いますが、廃棄物の内容によって会計処理が異なる場合がありますので注意が必要です。

また、消費税の取り扱いでも紛らわしい箇所がありますので、しっかりと理解しておきましょう。

 

ごみ処理券とは?

ほとんどの自治体では、粗大ごみや事業用ごみ・資源ごみを廃棄することは有料です。

一般的な量の燃えるゴミや燃えないゴミについては、住民税や法人事業税などから賄われるため、廃棄時にはお金はかかりません。しかし、粗大ごみ等は別料金ということになります。

有料といっても、粗大ごみ等の回収時に支払うわけではなく、事前に「ごみ処理券」を購入して、粗大ごみに貼り付けて決められたゴミ捨て場に廃棄します。

すると、予約した日時に回収車が来てくれるというシステムです。

 

ごみ処理券自体は、自治体の所在するコンビニやスーパーなどで購入できます

コンビニですと、レジで「ごみ処理券ください」というと販売してくれますよ。

自治体が民間に販売委託しているようですね。

 

 

ごみ処理券代は「消費税課税対象」です

ごみ処理券代は「消費税課税対象」です。


あれ?ごみ処理は行政サービスなのに消費税課税されたら二重課税じゃないの?

 

そう思われた方は非常に鋭いですね。

一般的に、例えば住民票などの取得費用は非課税です。それは、以下のとおり消費税法で定められています。

消費税法第6条
国内において行われる資産の譲渡等のうち、別表第一に掲げるものには、消費税を課さない。
国、地方公共団体、別表第三に掲げる法人その他法令に基づき国若しくは地方公共団体の委託若しくは指定を受けた者が、法令に基づき行う次に掲げる事務に係る役務の提供で、その手数料、特許料、申立料その他の料金の徴収が法令に基づくもの(政令で定めるものを除く。)
(1)登記、登録、特許、免許、許可、認可、承認、認定、確認及び指定
(2)検査、検定、試験、審査、証明及び講習
(3)公文書の交付(再交付及び書換交付を含む。)、更新、訂正、閲覧及び謄写
(4)裁判その他の紛争の処理

 

にもかかわらず、ごみ処理券代が非課税である理由はなんでしょうか。

消費税法で非課税として定められている取引は、

「国や地方自治体(行政サービス)でなければ受けられないサービス」に限定されています。

住民票の取得は自治体でしかできませんよね。

 

一方で、「ごみ処理」は民間企業でもおこなっています。

すると、

  • 自治体に依頼すると非課税
  • 民間企業に依頼すると課税

となり、民間企業が不利になりますよね。
それでは不公平だということで、自治体のごみ処理サービスも消費税課税となっているのです。

あくまで、「消費者のため」ではなく「民間企業のため」の決まりという訳です。

 

 

ごみ処理券の勘定科目は?

ごみ処理にかかる金額は、粗大ごみによって異なります
粗大ごみの大きさ、処分の手間によって自治体が定めています。

安いもので200円で、高いものでも数千円程度です。

しかし、当該粗大ごみをあなたの会社でどのような会計処理をしていたかによって、ごみ処理券の会計処理が異なるので注意が必要です。

「粗大ごみが固定資産計上されているか(取得価額10万円以上か否か)」

という点で異なります。

 

① 粗大ごみが固定資産計上されていない場合

当該粗大ごみが取得時に10万未満で購入しており、固定資産計上されていない場合には、シンプルです。

ごみ処理券をそのまま「雑費」として計上しましょう。

<例>
コンビニでごみ処理券300円を10枚、200円を5枚購入し、4,000円(税込)を支払った。

 

借方 貸方
雑費 3,637 普通預金 4,000
仮払消費税 363    

 

② 粗大ごみが固定資産計上されている場合

当該粗大ごみが取得時に10万円以上で購入しており、償却資産として固定資産計上されている場合には、当該固定資産除却処理時に発生する「固定資産除却損」に含めるものとされています。

なお、「固定資産除却損」は特別損失項目に分類されますので、ごみ処理券代も特別損失項目に分類されることになります。

<例>
コンビニでごみ処理券300円を10枚、200円を5枚購入し、4,000円(税込)を支払った。
なお、当該固定資産廃棄時の帳簿価額は以下のとおりである。
・資産科目:工具器具備品
・取得価額:400,000円
・償却累計額:300,000円
・残存簿価額:100,000円

 

借方 貸方
備品償却累計額 300,000 工具器具備品 400,000
固定資産除却損 100,000    
固定資産除却損 3,637 普通預金 4,000
仮払消費税 363    

 

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。
今回は「ごみ処理券」の勘定科目についてご説明しました。

金額はあまり大きくないですが、固定資産計上されているかによって会計処理が異なるため、少しややこしかったかもしれません。

経理部門以外の方がごみ処理券を購入した場合には、経理部門に「廃棄するものが固定資産計上されていないか」確認する必要がありますね。

ごみ処理券を購入するときには少し気にするようにしてみてください。

 

当サイトでは、他にも勘定科目や仕訳などの解説をしています。

その他の会計処理を調べたい方はコチラ!

 

また、当サイトで解説している会計処理以外に、知りたい会計処理やご相談がございましたら、

当サイト管理マツキが運営するLINE公式アカウント


「経理のお悩み相談所」

友達登録&ご連絡をお願いいたします。

友だち追加 

 

 

 

会計ソフトを探している方は「やよい会計」がおススメです

個人事業主やスタートアップ企業の経営者の方などで、


経理処理が面倒だしお金かけたくない

と思っている方は多いと思います。

そんな方におススメなのが「やよい会計」です。

おすすめポイントは、

  • 経理初心者でもダントツで分かりやすい
  • ランニングコストがダントツで安い

という点です。非常に重要ですね。

10年の経理歴の中で、様々な会計ソフトや経営者・フリーランサーを見てきた私が、断言します。

正直、社員数1,000人以上の大企業にはおススメできませんが、個人事業主や数十人程度の会社であれば「やよい会計」で間違いないでしょう。

無料体験も可能です。

  • 白色申告用はずっと無料プランあり!
  • 青色申告用は1年間無料プランあり!
  • 法人向けは2ヶ月無料プランあり!

無料体験中に解約しても費用は掛かりませんので、とりあえず無料登録してみましょう!

個人事業主向け:「やよいの白色申告」申込みはコチラから!

個人事業主向け:「やよいの白色申告」申込みはコチラから!

法人向け:「弥生会計」申込みはコチラから!

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【仕訳】固定資産除却時の仕訳を徹底解説!経常的に発生するかで区分が変わる!?

【勘定科目】登記簿謄本の取得費用の勘定科目は?消費税は非課税?

【勘定科目】外形標準課税のために家賃と共益費の勘定科目は区分していますか?

勘定科目の上位検索解説!①書籍代、駐車場代、寄付金、宿泊税、収入印紙、修繕費

【勘定科目】ゴム印・社判・銀行印・実印の会計処理は?

【勘定科目】障害者雇用納付金の会計処理は?消費税や損金算入を解説