【仕訳】従業員にかかる所得税・住民税の仕訳を解説!給与支給から納付まで

一般のサラリーマンは、所得税や住民税の納税義務があります。

しかし、一人一人が納税手続きをおこなうのは大変なので、会社が給与から天引きして代わりに納付する「源泉徴収制度」が採用されています。

裏を返せば、会社側は源泉徴収を行う義務があります。

今回は、法人が社員の給与から源泉徴収して納税するまでの一連の仕訳を解説していきます。

 

 

従業員にかかる所得税・住民税の仕訳は?

① 給与支給時

<例>
4月分の従業員給与3,000万円のうち、所得税400万円、住民税200万円を控除して支給した。

 

借方 貸方
給与手当 30,000,000 普通預金 24,000,000
    預り金(所得税) 4,000,000
    預り金(住民税) 2,000,000

支給額は2,400万円ですが、会社の費用として計上するのは3,000万円です。

所得税・住民税はあくまでもいずれ納付する「預り金」(=債務)ですのでご注意ください。

また、残高管理を正確に行うため、預り金は「所得税」「住民税」を補助科目などで区分して管理すると良いでしょう。

 

 

② 所得税・住民税納付時

<例>
4月分の給与支給時に控除した所得税400万円、住民税200万円を5月10日に納付した。

 

借方 貸方
預り金(所得税) 4,000,000 普通預金 4,000,000
預り金(住民税) 2,000,000 普通預金 2,000,000

普通預金を2行に分けて記載したのは、納税先が異なるためです。

所得税は国税のため税務署、住民税は地方税のため市区町村に納付します。

いずれも納付期限は、給与支給翌月10日までです。

月をまたぎますが、あくまで従業員が負担するものを天引きしているだけですので、損益(PL)に影響はありません。

 

納付先:所得税⇒税務署 住民税⇒市区町村
納付期限:給与支給翌月10日まで

 

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。
今回は、従業員の所得税・住民税にかかる仕訳を解説しました。

所得税・住民税の計算自体は、社労士や人事部門がおこなうことがほとんどですので、経理担当者は知らなくても問題ありません。

しかし、現預金にかかわってきますので、仕訳は把握しなければなりません。

損益に影響がないため、実際に実務を経験しないと習得しづらい部分ですので、しっかりと理解しておきましょう。

 

当サイトでは、他にも勘定科目や仕訳などの解説をしています。

その他の会計処理を調べたい方はコチラ!

 

また、当サイトで解説している会計処理以外に、知りたい会計処理やご相談がございましたら、

当サイト管理マツキが運営するLINE公式アカウント


「経理のお悩み相談所」

友達登録&ご連絡をお願いいたします。

友だち追加 

 

 

 

会計ソフトを探している方は「やよい会計」がおススメです

個人事業主やスタートアップ企業の経営者の方などで、


経理処理が面倒だしお金かけたくない

と思っている方は多いと思います。

そんな方におススメなのが「やよい会計」です。

おすすめポイントは、

  • 経理初心者でもダントツで分かりやすい
  • ランニングコストがダントツで安い

という点です。非常に重要ですね。

10年の経理歴の中で、様々な会計ソフトや経営者・フリーランサーを見てきた私が、断言します。

正直、社員数1,000人以上の大企業にはおススメできませんが、個人事業主や数十人程度の会社であれば「やよい会計」で間違いないでしょう。

無料体験も可能です。

  • 白色申告用はずっと無料プランあり!
  • 青色申告用は1年間無料プランあり!
  • 法人向けは2ヶ月無料プランあり!

無料体験中に解約しても費用は掛かりませんので、とりあえず無料登録してみましょう!

個人事業主向け:「やよいの白色申告」申込みはコチラから!

個人事業主向け:「やよいの白色申告」申込みはコチラから!

法人向け:「弥生会計」申込みはコチラから!

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

勘定科目の上位検索解説!①書籍代、駐車場代、寄付金、宿泊税、収入印紙、修繕費

【勘定科目】入出金時の銀行振込手数料ってどっち負担?勘定科目や消費税は?

【勘定科目】町内会費の勘定科目は交際費?消費税の仕入税額控除は?

【仕訳】敷金に関わる仕訳を徹底解説!差入・返還・原状回復・償却・敷引

【仕訳】建設仮勘定の消費税認識時期は?取得時・振替時の仕訳と併せて解説!

【勘定科目】収入印紙代は消費税非課税です!スムーズな会計処理を紹介